婚活の心得伝授(男性編)
お見合い成功法
交際成功法
婚活と心の関係
パーティー成功法
ご成婚
アラカルト
アクセス

フリーアナウンサーとしてラジオ(NHK−FM、FM大阪など多数出演)でのパーソナリティーを中心に司会、ナレーターとして活動。 並行してフリーライターとして放送関係や雑誌などのライティングに携わる。結婚披露宴の司会を重ねるにつれ、ブライダル関係の仕事に就きたいと思い 大手結婚相談所のアドバイザーに。心理カウンセラー(日本メンタルヘルス協会公認)の資格を取得。 その後「株式会社ブライトウェディング」を設立。 会員様のメンタル面のケアに力を入れると同時にコミュニケーション能力アップのセミナー開催や市民講座などで講師を務めています。

婚活応援ブログも更新中!

結婚相談所(大阪)の結婚心理カウンセラーの林ゆかりがこれまでの豊富な経験と知識で「婚活成功法」を伝授します。

  • HOME
  • > アラカルト【その他】

TITTLE

01.マリッジブルーの克服法

お世話させていただいた会員さんの結婚が決まった時、言葉では言い表せないほどの喜びを感じます。言い換えれば、それがあるからこそ、このお仕事を続けています。

ところが、結婚が決まったあとマリッジブルーに陥り、ご相談に来られるカップルが結構いらっしゃいます。

マリッジブルーとは、結婚が決まって幸せ絶頂のはずなのに「この人と結婚して本当にいいのか」という不安な心理状態のことをいいます。女性が陥ることが多いですが、男女の区別なしでどちらにも現れます。

また、女性が陥ることによって男性に伝染するケースもあるようですね。マリッジブルーは、誰にでも起こりえますが、特に責任感の強いタイプ、完璧主義のタイプの方が陥りやすいようです。男性は「家族ができる重圧」、女性は「いい奥さんになれるだろうか」「きっちりと家事はできるだろうか「パートナーの家族と上手くつきあっていけるだろうか」という不安に次々と駆られます。新しい生活が始まるわけですから当然、不安は生じます。

しかし、マイナスのイメージのある観念は捨てて、プラスのイメージの観念に書き換えていくことが大事なのです。例えば、「パートナーの家族とのつきあい」を不安に思うのではなく、「本当の両親のように慕い、色々なことを教えていただこう」という思いで積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。頭であれこれ考えて悩むより、行動をとることが解決への近道になります。

また、不安なこと、価値観の違いなどについては1人で悩むのではなく2人でとことん話し合うことも必要。仲の良い先輩ご夫婦に、上手くいっている秘訣や、おノロケを聞かせていただくのも参考になりますよ。パートナーがマリッジブルーに陥った場合、「うっとおしい」とか「面倒」などと決して思ってはいけません。2人で共に乗り切ることで、より絆が強まるのではないでしょうか?何事もプラス思考に考え、行動することが大切なのです。

 

02.紳士淑女の勧め

最近、婚活中の女性から「紳士的な男性が少ない」という声をよく聞きます。

紳士の精神とは、「相手の立場に立って思いやる気持ち」。この精神を持ったうえでスマートな話し方、表情、態度などを身に付け、お相手とコミュニケーションをとることができれば素晴らしいですよね。身だしなみは、お相手が不快に思わない服装、エチケットを心がけましょう。「お見合い」や「デート」の前にはシャワーを浴びて清潔にされることをおすすめします。

お見合い相手の体臭が気になって会話に集中できなかったというご意見が意外と多いのですよ。口臭が原因で交際終了になるケースも。ほとんどは歯医者さんで原因となる虫歯を治したり、歯垢をとることで改善できます。「そんな初歩的なことで交際を断るなんてナンセンス!」と思われるかもしれませんが、女性にとっては大きな問題なんです。

言葉遣いについては相手を気遣い、傷つけない言葉を選ぶこと。例えば、「太っている」「痩せている」など、お相手の身体的特徴を話題にするのは問題外です。態度は、つねに相手を守る体勢で。美しい歩き方、立ち振る舞いを意識しましょう。表情は明るく、相手を不安にさせないように心がけましょう。

当社、35歳の男性でとても紳士的な会員さんがいらっしゃいます。お見合いの時、ティールームを事前に予約しておいたり、お相手が座る際に自然に椅子をひいてあげたり、話し方もスマートで人気があります。しかし、その彼も最初からマスターできていたわけではありません。「ローマは一日にしてならず」、 努力の積み重ねが実を結ぶのです。

 
大阪の結婚相談所ならこちらへ