婚活の心得伝授(男性編)
お見合い成功法
交際成功法
婚活と心の関係
パーティー成功法
ご成婚
アラカルト
アクセス

フリーアナウンサーとしてラジオ(NHK−FM、FM大阪など多数出演)でのパーソナリティーを中心に司会、ナレーターとして活動。 並行してフリーライターとして放送関係や雑誌などのライティングに携わる。結婚披露宴の司会を重ねるにつれ、ブライダル関係の仕事に就きたいと思い 大手結婚相談所のアドバイザーに。心理カウンセラー(日本メンタルヘルス協会公認)の資格を取得。 その後「株式会社ブライトウェディング」を設立。 会員様のメンタル面のケアに力を入れると同時にコミュニケーション能力アップのセミナー開催や市民講座などで講師を務めています。

婚活応援ブログも更新中!

結婚相談所(大阪)の結婚心理カウンセラーの林ゆかりがこれまでの豊富な経験と知識で「メンタルの大切さ」を伝授します。

  • HOME
  • > 婚活と心の関係(メンタル面)【価値観について】

TITTLE

01.価値観の違いって?

交際を終了したカップルにサヨナラの理由を尋ねてみると、ほとんどの方が「価値観の違い」とお答えになります。価値観の違い・・・それは男と女にとって永遠のテーマ。

男女の価値観の違いを上手く表現している歌があります。それは、山崎まさよしさん作詞作曲の「セロリ」。SMAPも歌って大ヒットしましたよね。『育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ。夏がだめだったりセロリが好きだったりするよね。まして男と女だからすれちがいはしょうがない。妥協してみたり多くを求めたりなっちゃうね(中略)もともと何処吹く他人だから価値観はイナメナイ(中略)なんだかんだ言ってもつまりは単純に君のこと好きなんだ』。

そう、育ってきた環境が違う他人なんですから好き嫌いや価値観が違ってあたりまえなのです。大切なことは、その人のことを単純に好きかどうかということ。比較的、価値観が似ているカップルでも全く同じということはありえません。でも、好きでさえいれば、価値観の違いをクリアする方法はあります。その方法とは「話し合うこと」「歩み寄ること」。相手と価値観が違うと思ったら、まず相手の価値観を理解することが大切。相手の価値観の良いところ、悪いところを整理して、可能な部分は受けいれましょう。また、自分の価値観も押し付けるのではなく、相手に納得して受け入れてもらうことです。『人はみんな違う存在』ということを再認識し、広い心を持つことが男女の間ではとても大切です。

 
大阪の結婚相談所ならこちらへ