婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

お見合いから始まる恋愛結婚!!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

いま、芸能界は結婚ラッシュですね。千原ジュニアさん、福山雅治さん♡吹石一恵さん、
爆笑問題の田中裕二さん♡山口もえさん・・・・・。
福山さんの結婚には大きなショックを受けたというファンも多いようですが、
それでもおめでたい話題は人々の気持ちを明るくしてくれます。

ところで、恋愛から結婚に至ればいいのですが、これが結構難しいのですよね。
自分は結婚したくてもお相手には結婚願望がなかったり、タイミングのズレ、
長く付き合っているものの結婚のきっかけが掴めなくて破局・・・ということもあります。
かつては、恋愛のゴールが結婚と考えるのが普通でしたが、最近では、必ずしも恋愛から結婚に繋がるとは
限らない風潮があります。

その点、結婚相談所でのお見合いから始まる交際は、結婚が前提ですので、
交際がスタートしてから平均3か月~半年ぐらいで、ほとんどのカップルが結婚を決意されます。

成婚が決まったカップルは、みなさん
「お互いに居心地が良い」
「無理をしないで自然体でいられる」とおっしゃいます。
お互いの歩み寄りや少しの努力は必要ですが、すべてを相手に合わせようとするのは、
自分が自分らしくなくなりますし、ストレスが溜まっていつかは破たんしてしまいます。
はじめはしっくりこなくても、お会いするにつれてお互いを分かり合うことができ、
居心地が良くなっていくというケースも多々あります。
「この人といるとあまり緊張しない」というのはお相手選びのバロメーターになります。

また、『共通点が多い』カップルも上手くいきます。
たまたま同じ出身校であったり、共通の趣味がある、
偶然にも共通の知人がいた・・というふうに共通点が多いと価値観も近く、
結婚後のライフスタイルが想像しやすくなります。

きっかけはお見合いであっても、お相手を好きになるという気持ちが大切。
お見合いから始まる恋愛結婚を目指して頑張りましょう!!

 

婚活によって変わる意識

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

先日、ブライトウェディングで2年間活動した女性(40代)の結婚が決まりました。
といってもお相手は結婚相談所で知り合った方ではなく、職場の同僚です。
以前から彼のアプローチには気付いていたものの、同僚以上の気持ちが湧かなくてスルーしていたそうです。
ところが、暑い日が続いた8月に彼女が体調を崩してダウン。
心配した彼は毎日、手作りのお料理を作って彼女の自宅に届けました。
数日経ったある日、彼女は「あなたの気持ちはとても嬉しい。だけどもう私も歳が歳なので結婚する意志が無く
遊びならこれっきりにして欲しいです」と彼に伝えます。
すると彼は「じゃあ、いますぐ結婚しよう」とプロポーズし、二人は結ばれたというわけです。

芸能界においては、つい先日、TOKIOの国分太一さんが6年前に大病を患った際に心の支えになってくれた女性と
結婚しましたよね。
怪我や病気になったとき、看病してくれたり優しく励ましてくれると、結婚を意識する充分なきっかけになります。
怪我や病気に限らず、本当に困っているときにお互いに相手のために親身になれるかどうかが、これからの長い結婚生活、
人生を送るにあたって重要な鍵となります。

結婚披露宴の祝辞でよく言われることですが、
人生には三つの坂があって、一つ目は『上り坂』、二つ目は『下り坂』、そして三つ目は『まさか』。
『上り坂』の時は、喜び合えばいいのですが、『下り坂』『まさか』の時に共に手を携え合えることができるお相手なのか、
お付き合いを進めていく中で見極めることが大切です。

職場の同僚と結婚が決まった彼女は「体調を崩したことがきっかけではありましたが、お見合いを重ねたからこそ、
身近にいる彼の良さや大切さが分かったと思います」と言ってくださいました。

色々なタイプの方とお会いすることによって「本当に自分と相性の良い人を客観的に見極めることができるようになる」と
いうことが『婚活』の素晴らしさなのです。

 

シャイで口下手な彼が幸せを掴んだ!!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

先日、7年間活動を続けてきたAさん(40代男性)の成婚が決まりました。

7年間、休むこともなくお見合いを重ねてきたAさんは真面目で誠実、優しさでいっぱいなんですが、
口下手で『想い』をお相手に上手く伝えることができません。
お話が続かず、お見合いで断られることも多く、お付き合いに入っても長続きしないという状況の連続でした。
それでも諦めずに婚活を続ける彼の前に現れたのが・・・同じように口下手で優しい彼女でした。
テンポや感覚の近い二人は、沈黙の時間もお互いに気になることはなくポツリポツリとしか語らない言葉も自然に
理解できるといいます。
まさしく相性の良いお相手と巡り会うことができたのですよね。

お話が上手な人は魅力的でよくモテます。
婚活においても「リードできて、話し上手な人がいい!」と希望する女性は確かに多いです。
しかし、シャイで口下手な男性の良さを知ろうとすることも大事です。
口下手な男性はお世辞を言えない=なんでも正直に話すのでウソがつけない=誠実とも解釈できますよね。
また、結婚して同じ空間で暮らすようになると「あ・うん」の呼吸もできるようになるものです。
口下手な彼がポツリと語る言葉や仕草から、彼の『人となり』を感じ取るようにしましょう。

また、口下手な方は、言葉数は少なくても自分の想いをお相手に一生懸命伝えようとする努力も必要です。
できるかぎりのアピールを重ねるうちに少しずつコミュニケーションの取り方が上手くなっていくものなのです。

成婚が決まった40代男性は、いつも「明るい笑顔」「爽やかな挨拶」を心がけていました。
恥ずかしがらずに、まずはコミュニケーションの第一歩から始めてみませんか?