婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2019-05

2019-05

お相手を受け入れることから始めましょう!

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合い後のお返事がお断りの場合、
『会話が弾まなかった』『話が噛み合わなかった』という理由をよくお聞きします。

お互いに無口過ぎても意思の疎通が図れませんが、
片方が一方的にお話しをするのもお相手を疲れさせてしまいます。

話す方が長く話し続けてしまうと、聞き手は下を向いたり、周囲をキョロキョロ見たり、
なかにはスマホをチェックするなど、聞く以外の動作をするようになります。
そのサインに気付いたら、お相手が話しやすいように促す必要があります。

あくまでも会話はキャッチボールをすることが基本で、
聞き手は「はい」「なるほど」などと頷くという動作をするとお相手に安心感を与えます。

また、よくない例としてお相手の話しを全面的に否定する人がいます。

例えば、「私は、音楽はクラッシックが好きです」と話したら、
お相手から「そんな気取った音楽よりJポップやジャスの方が、リズム感があっていいと思うけど」と
言われたとか、
実家から60分以上かけて通勤していると話すと、
「そんなの無駄!時間の無駄!家を出て一人暮らしをするべき!合理的にね!」などと
否定されたという報告を先日お受けしました。

趣味の話でしたらまだしも、その人の生き方や考えを初対面で否定するのはお相手を
傷つけてしまいますし失礼ですよね。

ただ、そのように言われた側もただ落ち込むのではなく
「世の中には色々な考え方の人がいる、その人は伝え方が下手だったのかな」と
大らかに受け止めるようにしましょう。

コミュニケーションとは『お相手を受け入れること』から始まります。

まして結婚となれば、お相手をよく知ろう、理解しようということがとても大切です。

今一度、再認識してみてくださいね。