婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2018-04

2018-04

結婚相手に求める3K【女性編】

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

女性が結婚相手に求める条件3つのK=3Kとは、一昔前のバブル期は「高収入」「高学歴」「高身長」でした。

時代の流れと共に現在の3Kは「価値観」「金銭感覚」「雇用形態の安定」を希望する人が増えています。
また、結婚後も仕事を続けたい女性は、この3Kに加えて「家事を協力してくれる」のKが付け加えられます。

お見合いシステムでお相手を探すとき、希望条件を入力して検索しますが、
現在の3K+まだまだバブル期の3Kを希望する人が多いようです。

希望年収は500万以上(できれば600万以上)、大学卒業(できれば偏差値の高い大学)、
身長170センチ以上(できれば175センチ以上)。

皆さま条件バランスの良い男性にお申込みをされますので、同じ人にお申込みが集中してしましまいます。
その結果、競争率が高いので、なかなかお見合いが成立しにくくなってしまいますよね。

そこで、理想条件の見直しをしてみてください。

どうして、その条件を希望されるかお聞きしてみると明確な理由と根拠を答えることができる人が案外少ないのです。

なかでも「年収は特に譲れない。多ければ多い方がいい」と希望される女性がとても多いです。
理由は「ゆとりのある生活がしたい。老後のために貯えがたくさんある方が安心だから」と。

一理ありますが、年収の高い男性=忙しい=なかなか家族との時間が持てない。
そんな状況を理解し、彼を支えていく自信はありますか?
また、お財布を全部預けてくれるとも限りませんので話し合いも必要になります。

 

高身長の人と結婚したいというご希望の方は「一緒に歩くとかっこいいから」とお答えになる人が多いです。
確かに高身長でイケメンっていいですよね。お気持ちはすご~くわかります。
ただ、ここで「ちょっと待って!!」。

結婚相手を探すということは恋人や友達選びとは違うということを認識してください。
容姿はお互いに経年変化もしていきますし、かっこよすぎる夫だとモテますので心配ではありませんか・・?

 

そう、なにごとも表裏一体なのです。
そういうことを踏まえた上で、自分と釣り合いの取れるお相手を探していくことが大切ではないでしょうか?

お相手を好きになるという気持ちが大切です!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

先日、休会中だった女性会員Aさん(45歳)が、プライベートで知り合った5歳年下の会社員Bさんと
入籍したとご報告にきてくださいました。
とても優しい男性ということで幸せいっぱいのご様子でした。

彼女はお見合いで知り合った方と成婚間近まで進んだことがありましたが、彼女の方から別れを選びました。
大卒、長身、高年収とすべての希望条件を満たしている彼でしたが、交際が進むにつれて、少し違うな?と
感じるようになったといいます。

彼はすべての事柄において、自分の意見や考えを彼女に押し付けるばかりで、彼女の気持ちを汲み取ろうとは
しませんでした。
それでも彼女は「こんな条件の整った人はもう現れないだろうし、私が彼に合わせれば何とかうまくいく、
結婚すればきっとうまくいく」と自分に言い聞かし、双方の親御さんにもご挨拶を済ませました。

しかし、結婚指輪を買いに行った時に彼女の希望を一切聞こうとしない彼の態度をみて
「あれ?私、この人のこと本当に好きなのかな?この人でいいのかな?いや違う・・・」と痛感し
交際終了を決意したのです。

 

その後、Bさんと知り合った彼女は、なんでも話し合いができ、思いやりに溢れている彼とすぐに恋に落ちたといいます。
その彼は高学歴でもなく、年収も決して多くはなく、しかも現在の職場にストレスを感じ転職を考えているというのです。
でも、この人となら何があっても乗り越えられる、大変な時期は自分が働いて彼を支えればいいと素直に思えたと
彼女は熱く語ってくれました。

 

お見合いシステムにおいては、お相手のプロフィールを確認し希望条件にあった人にお申込みができるという点が
長所の一つです。
しかし、条件だけに囚われてしまい、お相手がどういう人物なのか見つめようとしないのは、とても危険だと思います。
理想の条件がすべて揃っているお相手と自分との相性が必ずしも良いとは限りません。

そして、お互いにお相手を大切にしたいという感情が生まれてこそ愛を育てることができ、長い結婚生活の中で色々な事を
一緒に乗り越えることもでき、喜びを供にできるのです。

出会いのきっかけはお見合いでも恋愛結婚できます。
お相手を好きになるという気持ちを大切にしましょう!