婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2017-05

2017-05

暑い日のお見合いの服装について

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

まだ5月だというのに今日、大阪市内の最高気温は30度近くになりましたね。

お見合いでは、男性はジャケット・ネクタイを着用、女性はTOPに合わせた服装が望ましいとされていますが、
暑くなる6月から9月終わりごろまではクールビズでも大丈夫です。

お見合いにおける男性のクールビズとは、ノーネクタイはOK!でもジャケットの用意はしてくださいね。
自己紹介のご挨拶はジャケットを着用し、その後は脱いでいただいても構いません。

しかし、このクールビズ・・一歩間違えるとダサイ雰囲気になってしまうので要注意です。
普通のシャツでネクタイを外すと、だらしない雰囲気になってしまいますので、シャツを選ぶ際は、
数年前から人気の白い襟のついたクレリックシャツやボタンダウンシャツなどしっかりした襟のシャツがいいですね。
色は白よりもカラーシャツや、ストライプや織柄の入ったシャツがお勧めです。
さらに気を付けたいのは、ボタンを外した胸元から下着が見えないようにVネックの下着を着用してみては
いかがでしょう。

 

女性の場合は、TOPに応じた服装というのも漠然としていますが、ノースリーブや極端なミニスカートなど
肌を露出しすぎるものはお見合いにふさわしくはありません。
海に出かけるようなチュニックにレギンス、生足にミュールもカジュアルな印象を与えますのでお気を付けください。
爽やかな色・素材のワンピースにパンプスなどが夏には好印象です。

それから、ホテル館内の喫茶店は冷房がかなり効いていますので、上に羽織るカーディガンやスカーフを1枚
用意されると安心です。
あまりにも体が冷えてしまってお相手のお話に集中できず退席してしまったという実例がありました。

 

お見合いでは、ラフやカジュアルすぎる服装ではなく、「清潔感」「爽やか」な印象を大切にするように心掛けましょう。