婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2016-03

2016-03

交際の基本はコミュニケーションを取り合うこと!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

春分の日も過ぎ、桜便りが楽しみな季節になりましたね。
今年の近畿地方の桜は、平年より早い開花となりましたが、
この先は寒の戻りがあるため、見ごろは4月に入ってからになりそうということです。

春の訪れとともにブライトウェディング会員さんから次々と『真剣交際』のご報告が入ってきております。
真剣交際とは「お互いにもう他の方とお見合いをしない。結婚に向けて2人の関係を進めていく」という状況のことです。
真剣交際に入るためには、コミュニケーションをしっかり取り合い、お互いに相手のことを知ろうという気持ちが大切に
なります。

一番悲しいのは、せっかく交際に入ったのに連絡を取りあわずに自然消滅になってしまったり、一方通行の場合です。
お相手のことを知りたいという真摯な気持ちで
「今度いつお会いしますか?○日と○日を空けておきますのでご連絡くださいね」という問いかけに対して
お返事をいただけなかったという実例がありました。
相談所を通じて確認を取っていただいたところ「忙しいから返信できなかった」というのが理由でした。
お誘いした方はその日程を空けて待っていたのですからとても残念なお気持ちだったようです。
いくら忙しくても「その日は難しいです」といったお断りのメールや電話の1本はできるのではないでしょうか?
これは婚活以前に社会人としてのマナーの問題だと思います。

常にお相手の立場になって考える=思いやりの心があってこそ人間関係が円滑に進むのではないでしょうか。

電話やメールが苦手という方も「おはよう」「おやすみなさい」や「寒暖の差が大きいので体に気を付けて」など
短い文章でも構いませんので連絡を入れているうちに少しずつ慣れていきます。

交際に入ればお互いに努力をしてコミュニケーションを取り合うことが基本中の基本です。
少しの努力から始めて交際を上手く進めてくださいね。

婚活は「楽しむ」という心のゆとりが大切!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

コミュニケーションツールのひとつ『LINE』。
ユーザー同士なら24時間いつでも、世界中のどこでも無料で通話やメッセージが楽しめるということから
人気を集めていますね(私も利用しています)。
お見合い後交際に入り、LINEで連絡を取り合っているカップルも多いようですが、先日ちょっとした
行き違いがありました。
男性側のカウンセラー(仲人)さんから「彼からLINEを入れても返事が来ない。もう1週間近くも連絡が取れないと
言っていますが、お付き合いを続けるお気持ちがないのでしょうか・・・?」と。
弊社女性会員に確認しましたところ、携帯の設定を変えてしまったためLINEの送受信ができなくなっていたことに
この時はじめて気付いたといいます。

交際がスタートして間もない時、そのような行き違いが時折、発生します。
2人のコミュニケーションが取れるような時期になると「おかしいな?」と思い電話などで確認するのでしょうが
知り合って間もなくはお互いの遠慮や気持ちの探り合いもあり、
ついつい「自分に気持ちが無いのかな・・?」なんてマイナスに考えがちになるようです。
マイナスに捉える前になんでもご相談くださいね。
ちなみに今回のケースでは誤解が解けてお二人の交際は順調に続いています。

先日、ブライトウェディングが加盟しております『日本結婚相談所連盟IBJ』において
新しいシステム『IBJマッチング』がスタートしました。
このシステムは、今までのプロフィールだけのお見合いシステムではできなかった、
個性や感性、価値観などでお相手を探してコミュニケーションが取れる新機能です。
条件検索だけではなく、例えばペットなどお気に入りの写真の投稿もでき、
個性・感性・共感でのマッチングができることからお見合のチャンスが広がるというものなのですよ。
また、交際がスタートした後、二人のための交際専用ツールにてLINEのようなメッセージのやり取りができ、
フォトやカレンダーも使えます。
このシステムでしたら気付かないうちに送受信ができていなかったという行き違いもないので安心ですよね。

『婚活』は結婚に向けての真剣な活動ではありますが、少しは遊び心もなければ疲れてしまいます。
これまでのお見合いシステムに加えて『IBJマッチング』を使えば楽しくお相手探しができるのではないでしょうか。

婚活だから、普段は出逢えないような職業、地域、年齢の方ともお見合いすることができます。
出逢えることを「楽しい」と捉え、人との出逢いを貴重な体験だと思える自分になりましょう。
「楽しむ」という心のゆとりが笑顔を生み、ご縁を引き寄せるのです。

東日本大震災から5年、夫婦とは?

こんにちは
「ブライトウエディング」カウンセラーの林ゆかりです。

今日は3月11日、多くの命を奪った東日本大震災から5年が経ちました。

日常を取り戻すことができた人も多い中、まだまだ困難な状況の中で前向きに頑張っていらっしゃる方もいます。
現状は、道路や施設、交通などのインフラ復旧は早く進みましたが、これからいよいよ、
仮設に住む約10万人の方々の住まいの移行が始まり、まちづくりが本格化していくということです。
一日も早い復興を祈るばかりです。

震災は大変な出来事でしたが、このことをきっかけに結婚を考えたカップルも多かったようです。
また、被災地から離れている地域でも結婚相談所に登録する人が増加しました。
危機的な状況の中で、一人でいることの心細さを痛感し、頼りになるパートナーと一緒にいたいと
強く感じたというのが理由です。

よく会員さんから「結婚の良いところ、メリットはなんですか?」と質問されますが、
『喜びは2倍に、悲しみは半分になる』のが結婚(夫婦になること)の素晴らしさのひとつだと私は思います。
夫婦というのは、何かが起きたとき、力を合わせて乗り越えることによって絆が深まっていきます。
そのためには、お互いに協力し合うこと、支え合う心を持つことが大切です。
婚活においても、ただお相手に求めるだけではなく、自分がその人のために何ができるかを考えることが大事!
思いやりの気持ちを培うことが幸せな結婚へと繋がるのです。

 

1 / 212