婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2016-01

2016-01

男女の価値観の違いは当たり前!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

2016年がスタートして、芸能界ではベッキーさんの不倫騒動やDAIGOさん・北川景子さんの結婚、
そしてSMAP解散?というビッグニュースが連日報じられていますね。
SMAPの今後の活動については、今夜のSMAP×SMAPの生放送でメンバー5人から語られるということですから注目です。

そのSMAPが歌った「セロリ(山崎まさよしさん作詞作曲)」という楽曲は、男女の価値観の違いを見事に表現していると
思います。

『育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ。夏がだめだったりセロリが好きだったりするよね。
まして男と女だからすれちがいはしょうがない。妥協してみたり多くを求めたりなっちゃうね(中略)
もともと何処吹く他人だから価値観はイナメナイ(中略)なんだかんだ言ってもつまりは単純に君のこと好きなんだ』。

交際を終了したカップルに別れた理由を尋ねてみると、ほとんどの方が「価値観の違い」とお答えになります。
でも、育ってきた環境が違う他人なのですから好き嫌いや価値観が違ってあたりまえなのです。
比較的、価値観が似ているカップルでも全く同じということはありえません。
相手と価値観が違うと思ったら、まず相手の価値観を理解することが大切。
そこで、しっかりと「話し合うこと」「歩み寄ること」が必要になります。
相手の価値観の良いところ、悪いところを整理して、可能な部分は受けいれましょう。
また、自分の価値観も押し付けるのではなく、相手に納得して受け入れてもらうことです。
『人はみんな違う存在』ということを再認識し、広い心を持つことが男女の間ではとても大切なのです。