婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2015-11

2015-11

ファーストデートでの割り勘はNG!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合いで交際に入っていた女性会員さんから交際終了の連絡が入りました。
「初めてのデートでランチをご一緒したのですが割り勘でした。しかも1円まできっちりと・・・ショックでした・・」
最近、同じようなご報告・ご相談をよくお受けします。

ブライトウェディングが加盟する団体(IBJなど)では、
お見合いのお茶代は、男性に支払っていいただくお約束になっていますが、
交際に入ってからのデート代についてはお二人の価値観にお任せしています。
しかし、デート代を割り勘にしたばかりにお断りされる男性も実に多いのですよ。
女性側にしてみれば、「奢ってもらって当たり前」だとか「お金を出すのが嫌」というのではなく
「私のことに対して真剣ではない、つまり発展は望めない」「頼りがいを感じない」といったことが理由のようです。

男性側としては、ごちそうしないのは「女性も働いているのだから自分が食べた分は支払って当たり前」だとか
「まだ将来どうなるか分からない相手だから割り勘でいい・・」というご意見をお聞きします。

しかし、ここで再認識していただきたいのは、
友達や恋人探しではなく、結婚を目的とした「お見合い」で知り合っているということ!!

女性は結婚相手に「誠実や優しさ」に加えて「頼りがい」「大切にされている感」を求めています。
お金の問題ではなく、ごちそうされるという行為が精神的にも満たされるのです。

そこで男性会員さんにはファーストデート代は自分が負担すると決めてプランを立てることをお勧めします。
なぜ男性ばかりが負担をしなければならないのかという気持ちは捨てて、最初が肝心なのだと意識してください。
数回デートをしてコミュニケーションが取れるようになってからは、どちらがお支払いするのかは臨機応変でも
構わないと思います。

また、女性側も「奢ってもらって当たり前」だとは思わないで、「ごちそう様。ありがとう」の言葉は
必ず伝えるようにして、感謝の気持ちを持ち続けることが大切なのではないでしょうか。