婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2014-01

2014-01

マナーは思いやりの気持ち

LOVE:266  マナーは思いやりの気持ち


こんにちは



「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。


今、ノロウィルスにインフルエンザ、風邪が流行して
いますね。


手洗い、うがい、そしてマスクを着用するだけでも
ずいぶん感染が防げるそうです。


私は、マスクは苦しいので苦手だったのですが、
年末に風邪をこじらせたことをきっかけに


人込みや電車の中では予防のために必ずマスクをする
ようにしています。



最近では、立体構造の楽なマスク、ハーブの香りつきや
ピンク、パープル、ブルーなど色のついたおしゃれな
マスクもありますのでけっこう楽しんでいます。


今から
5年ほど前のインフルエンザ大流行の際には、
皆さんがマスクを着用して、駅のプラットホームは
異様な光景でしたが、最近はマスクをしている人が
意外と少ない感じがします。



気になるのは、電車の中で咳をゴボゴボしている人に
限ってマスクをしていないのですよね。
咳をするとき、マスクがなければハンカチや
手をあてるのがマナーではないでしょうか。
もし自分の風邪が他人にうつってしまったら、
その人は迷惑ですよね・・・。



マナーとは相手を思いやって、お互いに快適に
社会生活を営むためのルール。


思いやりを形にしたものがマナーです。


婚活においても、お相手と楽しくお見合いができる
ように、いくつものマナーがあります。


例えば、遅刻をしないということから始まり、
身だしなみは清潔に!


やる気のない発言や、
つまらなそうな態度をとらない。
お相手を傷つけるような質問や発言をしない・・・・
などなど。

どんなお相手に対しても誠実な態度で接することも
大切なマナーです。

ときおり、会ってみると自分のタイプではないからと
横柄な態度をとる人がいるようですが、それはとても
失礼なこと。
お相手を深く傷つけてしまいます。


万人に優しく誠実に接することが自分の成長に繋がり、
結果、良いご縁に恵まれるのです。


いまいちど、マナーの大切さを再認識してお見合いに
臨んでくださいね。


 


経験は宝なり

 LOVE:265 経験は宝なり

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。


年末年始と今月
11日から13日の3連休は帰省や旅行に
出かける人が多く、
全体的なお見合い件数やお申し込み
件数が通常に比べると少ない時期となりました。

1月も半ばに差し掛かりましたので、
そろそろ婚活を本格始動していただければと思います。

婚活初心者に多いのですが
「申し込んで断られるのが怖い」からと、なかなか
自分からお申し込みをしない方がいらっしゃいます。


お申し込みをして断られる理由は、
単に条件が合わなかったり、
タイミングの問題であることが多く、
あなた自身が全否定されたわけではありませんので
決して怖がることはありません。


申し込んだお相手とはお見合い成立しなくても、
その会員のお仲人さんから別の合いそうな方を
ご紹介してくださることもよくあります。


ですから、積極的にお申し込みを入れていくことが
大切なのです。


お申し込みを断られたり、
交際終了を告げられることを「失敗」と思い、
自信を無くす方がいますが、婚活においては、
それらは「失敗」ではなく「経験」です。


経験を積むことにより、自分にはどんな人が、
相性が良いのかが見えてきますので、
何事も経験だと思い
前向きにとらえることが大切です。


 


さあ、今年が実りある年になりますように
積極的にアクションを起こしてくださいね!!

経験は宝なり・・・です。

 

年の初めに

年の初めに

あけましておめでとうございます。

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

いよいよ平成26年の幕開けですね。

今年の干支は、力強く飛躍する午(うま)年です。

本気で婚活を頑張っている皆さんに、
ぜひ幸せをつかんで欲しいです。

「牛は牛づれ馬は馬づれ」ということわざがあります。

『牛は鈍いくらいにゆったりと構えていますが、
その代わりに根気が良くて粘り強い。
馬は走るのも得意で
素早い行動力を持つが、何かあると非常に感じやすい性格
である。
そのように相反したものを持つ牛と馬がいっしょに
なったら、馬はどんどん先へ行ってしまって、
のろい牛にイライラするだろうし、牛は牛でそんな馬に
不満を持つ』という意味です。
人に当てはめても同じでテンポの合う連れの方が
お互いに楽ですし上手くいきます。

といっても人は、牛や馬のようにはっきりと分かりにくい
のが現実。
そこで、常日頃の観察力と自分をよく知ると
いうことが必要になります。

 

今年は、自分はどういう人間なのかをしっかり分析して
「馬の合う」人を探しましょう。

平成26年が皆様にとりまして飛躍の年になりますように
お祈りしております。

本年もよろしくお願い致します。