婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2013-07

2013-07

アンジー87%への決断

LOVE:256  アンジー87%への決断


こんにちは



「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。



ハリウッドの大スター、アンジェリーナ・ジョリーさんが
乳がん予防のため、両乳房を切除・再建手術を受けたこと
を公表し、世界に衝撃を与えました。



遺伝子検査でがん抑制遺伝子のひとつに変異が見つかり
将来、乳がんになるリスクは
87%という診断を受けた
そうです。

そこでアンジーは、予防のために乳房を切除することを
決断。今回の選択に満足していて、女性として何かを
失ったとは思っていないとポジティブに断言していると
いうことです。


この決断の是非はともかく、リスクについての考え方は
婚活と関わり合いがあります。


前もってお相手のプロフィール(条件)が分かると
いうのは、お見合いの利点のひとつです。

しかし、
リスク回避=つまり条件の悪い人への初めからの否定を
私はなるべくしないように助言しています。

外枠だけで判断することによって、
本当のご縁を見逃してしまうことがあるからです。


例えば、年収の低い男性を最初から無視して
外す人がいます。

でも、まだ若い男性や、転職をしたばかりの方ですと
これから年収が上がっていくわけですから将来性を
みるようにしましょう。


逆に年収1千万以上の人と結婚できたとしても、
そのあと事業が失敗して多額の負債を背負うことにな
るケースや、会社員の方でしたらリストラに遭って
しまう可能性もあるわけです。

また、舅・姑・小姑と同居というしがらみを嫌う方でも
飛び込んでみれば新しい人生に良い結果をもたらすことも
多くあります。


無理にリスクのある人を選ぶ必要はありませんが、
長い人生の中で、お互いに条件は変化していくもの。
楽しい時は一緒に笑い、辛い時には一緒に苦労をしても
良いと思える相手を選ぶことが大事なのです。


それは運しだいとネガティブになるのではなく
確かな自分の考えを持って相手を信じれば
逆境に陥った時でも必ず道は開けると私は信じます。


アンジーの話に戻りますが、私は87%のリスクより
むしろ残りの
13%の方に思いを寄せています。

13
%は助かる可能性があるのです。



私には、このパーセンテージが人生全体の確立の様に
思えます。人生で良いと思われることは、その程度かも
しれませんね。


87%の危険性を自覚して、ポジティブな考えで人生を
歩むということが大切なのではないでしょうか?


五合目からの第一歩

LOVE:255 五合目からの第一歩


こんにちは



「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。



富士山が世界文化遺産に認定されましたね。



日本の霊峰:富士山は、有史以来、四季を通じて日本人の
心を魅了してきました。



多くの人々が、個人的にも宗教的にも
また、日本人のアイデンティティのためにも
富士山を誇りに思っていることは間違いありません。



富士山は
3776m、日本一高い山。


五合目までは簡単に行けるらしいです。半分ですね。



でも、そこからは危険が伴います。


落石、滑降、天候急変、それに高山病です。


若い人が、一気に八合目まで登り、そこで倒れて
運び降ろされるということが、後を絶たないそうです。


面白半分で登れる山では無いのですよね。



頂上で「ご来光」を拝むためには、それ相応の準備と
訓練をする必要があるのです。


さて、婚活について、以前山登りに例えて書いたことが
あります。



婚活とは、まずは
1つの山の頂上を目指して歩んで
行くということ。



多分、富士山と同じように五合目ぐらいまでは
易々と進めます。


つまり何度かのお見合いや、短期間の交際はできる
わけです。


でも、富士山が季節によって、その姿を変える様に
お相手が思っていた人とは違って見えたり、
または意見の違いで落胆したり・喜んだり・・・
自分自身も変わっていったりします。

それでもまだ五合目なのです。
後半分、色々な試練と洗礼を越えて八合目から頂上へと
進んで行きます。


そこまで進めたら五合目までは1人歩きだったのが
2人になって歩いていることに気付きます。

頂上につくには2人が力を合わせて登らなくては
到達しないからです。

頂上からの眺めを2人で見ることができる幸せのために
難行ともいえる道程を進むのです。

そして、認識しないといけないのは、頂上はゴールでは
ないということ。

問題はその後、同じ道程を、または登りよりも
長い下り坂を2人でいかに進んでいくかということが、
人生の課題なのです。