婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2011-01

2011-01

マリッジ・ブルーのメカニズム

 

LOVE:124 マリッジ・ブルーのメカニズム



こんにちは


「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。


結婚する直前になって、「マリッジ・ブルー」に陥る人が
結構います。



前回、ブログでご紹介したご夫妻も奥様の
マリッジ・ブルーを乗り越えての
ご成婚でした。


マリッジ・ブルーとは、結婚前に精神的に不安定になり
「間違った選択をしたのではないか」と気分が落ち込む
ことを言います。


では、なぜマリッジ・ブルーは起こるのでしょうか??


セラピストの石井裕之氏によりますと、潜在意識の
『現状維持システム』が作用しているからで、
独身の人の潜在意識は、できるだけ独身を維持しようと
導いているそうです。
誰もが「前向きに進んでいきたい!」と思っているにも
かかわらず、心にストップがかかってしまうのは、
潜在意識が現状を維持しようと働いているからだとか。


ですからマリッジ・ブルーに陥るのは不思議なことでも
特別なことでもないのです。


では、どうすれば良いのかと言いますと、潜在意識を
新しい自分に徐々に慣らしていけばいいということです。



マリッジ・ブルーに陥ってしまうと、パートナーの理解や
周りに相談できる人がいないと精神的にドンドン深みに
はまっていってしまいます。
ですが、このメカニズムを知るだけで「ああ、マリッジ・
ブルーになって当然なんだ」と、自己嫌悪にならずに
すみますね。
潜在意識を知ることで視点が変わり、気持ちがとても楽に
なれるのです。


 

嬉しいゲスト 後編

 

LOVE:123 嬉しいゲスト 後編



こんにちは


「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。



マリッジ・ブルーにかかってしまった
S子さんは、
「こんな私では結婚生活をちゃんとやっていけない・・」
「彼に嫌われるのが怖い・・」などと、どんどん
マイナス思考になっていきました。
自分を好きになり、自信を持つようにカウンセリングを
続けましたが、彼女の気持ちを前向きに導いたのは、
言うまでもなく
9歳年上の彼Tさん(ご主人)でした。
Tさん自身、そんな状態の彼女と向き合うのは正直
シンドイ時もあったと思います。
しかし、大きな気持ちで受け入れ、これからの人生に
おいて彼女は自分にとって必要な人、大切な人という
ことを心から訴えました。
そして彼女も、彼がかけがえのない人ということを
再認識したのでした。
Sさんは結婚後、自分が大きく変わったと話してくれ
ました。
決して社交的とはいえない彼女でしたが、周りの人を
とても大切にするご主人の影響で、人との繋がりの大切さ
を痛感し、今では、ママ友もいっぱいできたそうです。
Sさんの素直で優しいお人柄はご主人の心の癒し。
これからもお二人で力を合わせて歩いて行ってくださいね。



本当に嬉しい訪問者でした。

嬉しいゲスト!

 

LOVE:122 嬉しいゲスト!


こんにちは


「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。



先日、一昨年に成婚した
S子さんが、ご主人Tさんと
生後
8か月の愛娘Mちゃんを連れて
サロンに遊びに来て
くださいました。
結婚式の翌月に
Mちゃんを授かったそうで、二人で力を
合わせての出産準備、誕生後の家事の助け合い、
また親御さんやご親戚のお話しなど、あれこれとお聞き
しながら、「しっかりとした夫婦の絆で結ばれている
なぁ」と確信し、心から嬉しく思いました。
実は、このお二人、スンナリと結婚が決まったわけでは
ないのですよ。
お二人から「婚活中の方の参考になればブログに書いて
ください」というお言葉を頂戴しましたので、ご厚意に
甘えさせていただきエピソードをご紹介させていただき
ます。



お二人の出会いは
2008年の夏。
お見合い当日からお互いに「話がしやすい」と思われた
お二人は交際に入り、
3回目のデートで結婚を意識し始め
ました。
その後、順調に進んで行き、結婚を決めたのですが・・・
直後に、色々なことが重なったこともあり、彼女が
激しいマリッジ・ブルーにかかってしまったのです。
S子さんの長所はとても穏やかで癒し系、人を攻撃する
ようなことは絶対にしない優しい女性です。
でも、それだけにストレスも受けやすく、すべて自分が
悪いと思ってしまうところが短所です。
これから先の幸せをイメージするよりも「本当に結婚して
大丈夫??」という不安材料ばかりを探すようになったの
です。
≪続く≫

1 / 612345...最後 »