婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > 婚活 > お見合いでの会話について

お見合いでの会話について

  • 2019-02-22 (金) 14:48
  • 婚活

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

スイーツブームが少し落ち着き、食パンやコッペパンのブームが続いていますね。
人気店のパンが一堂に集結する阪神百貨店1階の『パンワールド』はいつも多くの人で賑わっています。

そんなパンブームの中、高級食パンの専門店『銀座に志かわ』の2号店が先月、大阪:本町にオープンしました。
ブライトウェディングのサロンから歩いて5分程なんですよ。

オープン当初はすごい行列でしたので諦めたのですが
「もうオープンから1か月近く経つのですんなり買えるかな?」と思い、昨日お店へ行ってみました。
営業が10時からですので10時過ぎに行きましたらすでに焼き上がりは完売で、整理券をもらって後程、
焼き立てのパンを購入することができました。

『絹のようにしっとりした耳、淡雪のようなくちどけのほんのり甘い食パンです』というお店の説明通り、
とても美味で、これまで食べてきた食パンとは少し次元の違うような豊かな風味を感じ、お腹も心も幸せになりました。

 

ところで、お見合いの席で「どのような会話をしたらいいのですか?」という質問・ご相談を良くお受けします。
お見合いでお話する時間はだいたい60分~90分ぐらいで、お互いの勤務先、
メールアドレス、電話番号を交換することはNG、
あまりプライバシーに踏み込むようなことをお聞きするのもNGとなっています。

「じゃあ、60分も話すことないですよね、何を話したらいいの~??」というのが皆さんのお悩みです。

会社名を明かしてはいけませんが、どんな仕事をしているのか(例えば営業とか製造業とか)
ざっくりした説明は必要ですよね。
あとはお相手のプロフィールを読み込んで、趣味の話などをします。

また、先ほどのパンの話題のような、たわいのない世間話で会話を展開するのもリラックスできるのでいいですね。
そのためには情報誌やネットなどで様々な分野の情報を得る、できれば実際に自分が出かけてみて体感する、
試してみるということをお勧めします。
そうして話の引き出しを増やしていくのです。

お見合いでは、何気ない会話のキャッチボールによって、お相手の感性や興味のあることを知り、
フィーリングが合うかどうかを確かめてください。

もう少し深いお話は仮交際に入って、次回お会いする時で大丈夫。
お会いする回数を重ねていくにつれて、さらに深い話をして理解しあえるように努めてください。

 

『情報をキャッチし、話の引き出しを増やす』ことによって、
お見合いが怖い、緊張するという憂鬱から解放されると思います。

また、色々なことを知り、体感することによって人としての魅力がアップします。
自分を高める努力をできることから始めて、お見合いに臨みましょう。