婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > 婚活 > 思いやりの心

思いやりの心

  • 2012-12-10 (月) 15:15
  • 婚活

 LOVE:241 思いやりの心


こんにちは


「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。



クリスマスまで、あと
2週間。


街は美しいイルミネーションで輝き、
人が集まるスポットにはクリスマスツリーが飾られて
クリスマスムード一色ですね。


 


あなたはオー・ヘンリーが書いた小説
「賢者の贈り物」をご存知ですか?



あらすじを簡単にまとめますと
【ジムとデラという夫婦がいました。クリスマスも近い
というのに
2人の家にはプレゼントをろくに買うお金が
ありませんでした。妻のデラは夫のジムが祖父と父から
受け継いで大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を
買うために、自慢の髪をバッサリ切り落とし売って
しまいます。一方、夫のジムはデラが欲しがっていた
鼈甲の櫛を買うために、自慢の懐中時計を質に入れて
しまったのでした・・・・】


 


結局、2人が選んだ贈り物は役には立ちませんでしたが
相手を思いやる愛は伝わります。

小説では


【贈り物をするすべての人の中で、この2人のような
人たちこそ最も賢い人たちなのです。
世界中のどこであっても、このような人たちが最高の
賢者なのです・・・】と結んでいます。



著者は『自分のことよりも相手を想う愛、
思いやりが交換された素晴らしいプレゼント』だと
語っているのではないでしょうか。


 


これは夫婦になってからの物語ですが、
婚活においても『自分のことよりも相手を気遣う気持ち、
思いやりの心』を忘れてはいけません。

お見合いの日時や場所の設定は、ルールでは
お申し込みを受けた方の希望が優先されますが、
お相手の立場や状況(遠方であるのかどうか、
休日はいつなのか・・)などを考慮し、
思いやりの気持ちを持って譲れる時は配慮して
あげましょう。

お相手あってのお見合いです。

交際に入ってからは、例えばお相手が多忙な方で
なかなか会えないとしても、決して責めてはいけません。

思いやりの心で労をねぎらい、体を気遣って
あげましょう。

そうすればお相手も、なんとか時間を作ろうという
気持ちになるものです。


 


婚活とは、特別なものではありません。


日頃の行いが、そのまま出るのですから、
日々精進することが肝心なのです。


 



※次回は、男女における思い違い・行き違いについて
 語りましょう。