婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > 婚活 > お見合いの適正(後編)

お見合いの適正(後編)

  • 2011-05-02 (月) 16:29
  • 婚活

 LOVE:158 お見合いの適正(後編)


こんにちは


「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。


前回のお見合いで凹んでしまったR子さんでしたが、
なんとか気持ちを盛り上げ、
4回目のお見合いの日を
迎えました。
ご紹介の際、爽やかで紳士的な男性でしたので良い
結果を期待しておりましたら、お見合い終了後、彼女から
ウキウキとした声で電話がありました。
どの喫茶店も混み合っていてお店選びに少し時間が
かかったそうですが、彼は「足、痛くありませんか?
大丈夫ですか?すみませんね」と何度も何度も彼女を
気遣ってくれたそうです。
お話も楽しく弾み、帰る際には「駅までお送りしましょう
か」とまで、おっしゃってくださったということです。
彼女は私にこう言いました。
「この前の方とお会いして本当に良かった。今回お会い
した方の心遣いをとても嬉しく受け止めることできましたので・・・」と。
2人は交際に入り、今、大切に愛を育んでいらっしゃいます。


 


婚活中のほとんどの方が、度合いは違っても、自分が惨め
に思えたり、精神的に落ち込んだ時期があるようです。
婚活が成功するかどうかは「結婚」を望む気持ちの強さ、
それを達成するまでに経験する失望の処理の仕方によって
決まります。
R子さんは、失望をプラス思考に考えられる人だからこそ
素敵な彼に巡り会えたのでしょう。
もし、あの時、失望のあまりに婚活を止めていたら、
彼には出会えなかったわけですからね・・・。


お見合いに向き・不向きはありません。
心の持ち方をプラス思考にすることで、誰でも「婚活」を
成功させることができるのです。