婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > 婚活 > お見合いでの会話のタブー

お見合いでの会話のタブー

  • 2009-07-06 (月) 14:18
  • 婚活

 

Love.4  お見合いでの会話のタブー


 
こんにちは。



「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。



会話が途切れてしまい、焦って投げかけた質問で失敗した
という経験はありませんか?



特にお見合いの席では、絶対に触れてはいけない話題があります。
それは、過去の恋愛経験のこと
「何人ぐらいの人と付き合った?」
「どんな人とどのぐらいの期間付き合った?」
「どうして別れたの?」などという質問はデリカシーの欠片も
ありません。
また、自分から過去に交際した人との思い出を多く語る方もいらっ
しゃるようですが、お相手を不愉快な気持ちにさせるだけです。
そんな話をしたがる方の深層心理は、自信の無さの裏返し。
「私はモテるのだから」と、ちょっぴり見栄を張っているのかも
しれません
また、過去の辛い恋愛のトラウマを抱えたままお見合いをなさって
いる方も、そんな話をよくなさいます。



お見合いで出会った方をいきなり救世主のように錯覚し、相談
モードに入ってしまうのですよね。過去のコイバナ(恋愛話)は
交際が進み、お互いに知りたいと思ってからにしましょう。
また、過去のお見合い回数やお断りした事情などを話題にするのも
タブーです。もし聞かれたら上手にかわしましょう。
コミュニケーションをとるために会話はとても大切です。
でも、話が途切れてしまっても決して焦らないで。
そんな時は「お話途切れてしまいましたね。口ベタでごめん
なさい」と言ってしまえばいいのです。緊張しすぎたときも
そうですよ。「緊張してしまって・・・何から話していいのか
分かりません」なんて言ってしまえば気持ちが楽になりますし
和やかな雰囲気にさえなります
会話が上手な人はとても魅力的で人気があります。でも肝心なのは
そこにハートがあるかどうか。お話が得意にこしたことはないです
が口下手な人でも一生懸命にお話すれば必ず気持ちは伝わります。
受け取る側もちゃんとキャッチできるアンテナを持つことが大事です。
単にお話が下手だからという理由だけでお断りをするのではなく
お相手の人間性をみつめていくことが大切なのです。
といいながら、お互い下を向いたままでほとんど会話が成り立た
なかった(時々あります)・・・というのはもったいない
当社では、トークレッスンも行っておりますので、ぜひお気軽に
お問い合わせ下さい