婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

成婚したカップルの共通点!

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

今日から11月ですね。

ブライトウェディングは今、成婚ラッシュ!!
今夏から次々と成婚が決まっていて、年末までにまだ数組の成婚が決まりそうです。

なかでも驚きのスピード婚だったのが今年7月1日から婚活スタートした33歳の女性。
7月15日が初めてのお見合いで、そのお相手と約1か月の交際で成婚を決めました。
同い年ということもあり、すぐに意気投合。1か月の間にお会いできたのは5回でしたが、
仕事の後、毎日2時間も電話で話しをしたそうです。

活動が始まってすぐ、次々と彼女に不思議な事が起こりました。
彼以外にも複数のお見合いが決まっていたのですが、お相手の体調不良や、急な休会、大幅な遅刻などにより、
他の方とのお見合いはすべてキャンセルになってしまったのです。

その時は「なぜ彼女にばかりそんなことが起きるの!?モチベーションが下がってしまわないように
フォローしないと・・・」などと心配しましたが、後から思うと、彼と結ばれるために目に見えない何かが
働いていたような気がします。

成婚が決まったカップルに共通しているのは、しっかりとコミュニケーションを取り合っているということです。
週に少なくとも1度は会う、毎日のLINEや電話は当たり前。

お互いをよく知ろうという意識を高く持つことが大切なのです。

結婚はゴールではなくスタートです!

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

IBJ(日本結婚相談所連盟)ホームページ内の【結婚相談所を探す】というエリアページ内「ブライトウェディング」の
サイトにて、婚活初心者やこれから婚活を考えているという方に向けてブログを発信していますが、
こちらのブログサイトでは、少し経験を積んでいる方に向けてメッセージをお送りしていきたいと思います。

最近、すごく難しいなぁ~と痛感しているのが、複数の方と仮交際をしている時に最終的にどなたと真剣交際に
入るかということです。

お見合いシステムでは、短い期間でしたら同時期に複数の方と仮交際をすることができます。
利点は、自分とはどういうタイプの方と相性が合うのか、良い意味で比較ができるというところです。

弊社男性会員が、一時期3人の方と同時進行していたことがありましたが、
同じ質問をした時の、それぞれの女性の受け答えやLINEの往復の回数、食事に行った時に分かる食べ物の好みなど、
自分と一番相性が良い女性の判断がつきやすいと仰ってました。

一方、急ぎすぎると間違った判断をしてしまうことがあります。
親しいお仲人さんからお聞きした実際にあった例ですが、お二人と交際していた方が、
まだそれぞれ2回ぐらいしかお会いしていないのに、自分が『一目惚れ、好きになっている』と思っている人とは
別の人から猛アプローチをされたことにより、早く結婚を決めたいという思いと、その人の気持ちが嬉しいからという
理由で、真剣交際の決断をされました。

しかし、お付き合いが進むにつれて「なんか、違うな。もう一人の女性のように好きになれないなぁ」と、
すごく後悔されたそうです。
結果は交際終了になってしまったということです。

早く決断して上手く進むこともありますが、
この方の場合は、まだもう少しお会いしてから真剣交際に進んでも遅くはなかったですね。

そこで、皆さんにお伝えしたいのは『結婚はゴールではない』ということです。
成婚退会することを目標に婚活を行うわけですが、ただ結婚できればいいというわけではありません。

『結婚は、幸せな結婚生活を送るためのスタート』だということを認識して、生涯共にできると思えるパートナーを
探してくださいね。

二人の距離を縮める方法

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

今日7月7日は七夕。
七夕伝説によりますと、一年に一度だけ織姫(おりひめ)と牽牛(ひこぼし)が天の川でデートをする日と
いわれています。

一年に一度しか会えないというのは切ないですよね。

よく「会えない時間が愛を育てる」といいますが、それは恋に落ちてからのお話し。

アメリカの心理学者ザイアンスが実験により立証した『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか。

人はある特定の人物との接触回数が多くなるほど、好感を抱くようになる、
何回も会っているうちに相手に慣れていくと考えられる法則です。
月に1度だけ会うよりも10分だけでも毎日会う方が好感を抱きやすいとか。

婚活において、成婚したカップルは、どれだけ忙しくても、
遠距離であってもコミュニケーションをしっかりと取り合い、会う努力をしていたという共通点があります。

デートにも段階があります。
はじめのころは2~3時間のランチデート、
少し親しくなると食事に美術館や水族館などのスポットをプラスした5~6時間のデート、
そして、真剣交際に進む頃には7~8時間ぐらいの一日デートでお互いに居心地が良いかどうかを見極めてください。

二人の距離を縮めるためには、少なくとも週に1度はお会いするように努力してくださいね。

令和初めての七夕の日、あなたは短冊にどんな願い事を書きますか?

1 / 13312345...102030...最後 »