婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

婚活は、ありのままの自分で!!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合いシステムにおいて人気のある男性とは、爽やかなルックス、高学歴、高身長、年収500万円以上といった
条件バランスの良い方にお申込みが数多く入ってきます。

一方、女性はといえば、ヘアスタイルはセミロング以上の長さ、アイドルのような丸顔でパッチリとした大きな瞳、
プロフィールの趣味欄には『ピアノ演奏』『お料理』などと女性らしさを前面に出している方が人気です。

プロフィール作成の際に、結婚相談所のカウンセラー(仲人)の多くは、
女性会員さんには男性会員さんからの受けが良いように女性らしさや家庭的なところを強調するようにアドバイスします。

そのようなアドバイスは正しいと思いますが、すべての人には当てはまらないと私は考えます。

本当にお料理が好きで家庭的な女性なら、その通りのプロフィールで良いのですが、
お料理が嫌いで結婚後も作る意思がないとか、バリバリのキャリアウーマンとして働いている女性が
全く本当の自分と異なるプロフィールを作って公開しても意味があるのでしょうか。

例えば、長年海外勤務で頑張ってきた女性と、一度も海外に出かけたことがないとか、
世界情勢に全く興味のない男性がお見合いをしても上手くいくとは思えません。
根本的に必要な共通項がみつからないからです。

そのような女性は、一般受けするプロフィールで数多くのお申込みを求めるのではなく、
自分の個性にあった人を自分から探していけばいいのです。
結婚相手は一人です。
婚活は、AKB総選挙のような人気投票ではありませんので、ありのままの自分と相性の良い
たった一人の人をみつければいいのです。

そのためにも、「ありのままの自分とはどんな自分?」「結婚後はお相手とどのような生活を送りたい?」など、
しっかりと自分をみつめなおし、自分を知ることが必要なのではないでしょうか。

夫婦の在り方も多様化しています。
子供を設けないカップル、夫が家事・子育てをするカップル・・それぞれによって暮らし向きは異なってきます。

婚活においては、今後の様々なシーンで
自分の選択と価値観の近い、もしくはお互いに歩み寄れることができるお相手を探すことが大切なのです。

 

 

福利厚生倶楽部「リロクラブ」と提携しました!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

この度、福利厚生サービスの「リロクラブ」と提携しました。

リロクラブホームページからご入会の方には特典がありますので、
お問い合わせの際にお申し付けください。
どうぞよろしくお願い致します。

リオオリンピックで再認識した支え合うことの素晴らしさ!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

リオデジャネイロオリンピックが開幕して今日で13日目を迎えました。
次回オリンピックが東京で開催されることになり、日本の選手たちの士気も、より高まっているようです。
日本のメダルラッシュの中で、私が特に感銘を受けたのはチームで金メダルを勝ち取った体操男子団体と
銅メダルの卓球女子団体です。
想像を絶するプレッシャーの中で実力を出せなかったメンバーを他のメンバーでカバーし、
支え合って勝ち取ったメダルは何よりも重たく感じたことでしょう。

人の意識は自分だけが一番になればいい、自分だけが勝てばいいとなりがちですが、
団体で優勝するということは、そのような気持ちでは決してメダルに繋がることはありません。
自分の仲間が負けたとき、どう励ませばいいのか、そしてさらにその意思を継いで自分がどう頑張ればいいのかという
難しさは他に類をみないものです。
また、今回の選手の方々のご家族の支えが、どれだけ力を与えたのかと想像すると胸が熱くなります。

オリンピック団体競技では、1人より2人、2人より3人の力が一緒になった時、それ以上の大きなパワーが生まれました。
それは夫婦や家族においても同じことが言えると思います。
『大切な人がいるから、その人のために頑張れる』
『大切な家族が悩んでいるから、その悩みを解決できるように一緒に考えて乗り越える』
『とっても嬉しいことは共有して2倍にする』・・・など、共に生きていくことによって気付くこともあり、
成長していけるのではないでしょうか。

オリンピックメダリストは、参加することが目標ではなく「メダルを獲得する!」という強い目標を抱いて
練習を重ねてきた成果だと思います。

婚活においても単に結婚することを目標にするのではなく、
その先にある『幸せな結婚生活を送ること』を目標にして進んでください。

 

4年後の東京オリンピックでは、さらに素晴らしいドラマが生まれますように・・。