婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

男女の価値観の違いは当たり前!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

2016年がスタートして、芸能界ではベッキーさんの不倫騒動やDAIGOさん・北川景子さんの結婚、
そしてSMAP解散?というビッグニュースが連日報じられていますね。
SMAPの今後の活動については、今夜のSMAP×SMAPの生放送でメンバー5人から語られるということですから注目です。

そのSMAPが歌った「セロリ(山崎まさよしさん作詞作曲)」という楽曲は、男女の価値観の違いを見事に表現していると
思います。

『育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ。夏がだめだったりセロリが好きだったりするよね。
まして男と女だからすれちがいはしょうがない。妥協してみたり多くを求めたりなっちゃうね(中略)
もともと何処吹く他人だから価値観はイナメナイ(中略)なんだかんだ言ってもつまりは単純に君のこと好きなんだ』。

交際を終了したカップルに別れた理由を尋ねてみると、ほとんどの方が「価値観の違い」とお答えになります。
でも、育ってきた環境が違う他人なのですから好き嫌いや価値観が違ってあたりまえなのです。
比較的、価値観が似ているカップルでも全く同じということはありえません。
相手と価値観が違うと思ったら、まず相手の価値観を理解することが大切。
そこで、しっかりと「話し合うこと」「歩み寄ること」が必要になります。
相手の価値観の良いところ、悪いところを整理して、可能な部分は受けいれましょう。
また、自分の価値観も押し付けるのではなく、相手に納得して受け入れてもらうことです。
『人はみんな違う存在』ということを再認識し、広い心を持つことが男女の間ではとても大切なのです。

 

 

年末年始の活動について

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

今年も残すところあとわずかとなりました。

年末年始は、ほとんどの結婚相談所が1週間~10日ほどのお休みをいただきます。
IBJシステムでは、本人が申し込んでから2週間で不成立になりますので
相談所が仮に1週間お休みで取り次ぎができない場合は、考える時間が1週間短くなります。

ですから年内のお見合いお申込みは12月27日ぐらいまで、年明けは1月5日ごろからお申込みを入れてください。
年末年始は、お申し込みをしたい方を【お申込み候補(お気にいり)】に登録しておいてくださいね。

ブライトウェディングは、年内は12月28日(月)15時まで営業、2016年は1月7日(木)から通常営業致します。

本年もありがとうございました。
来年が皆様にとって実りある一年になりますようにお祈りしております。

 

ファーストデートでの割り勘はNG!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合いで交際に入っていた女性会員さんから交際終了の連絡が入りました。
「初めてのデートでランチをご一緒したのですが割り勘でした。しかも1円まできっちりと・・・ショックでした・・」
最近、同じようなご報告・ご相談をよくお受けします。

ブライトウェディングが加盟する団体(IBJなど)では、
お見合いのお茶代は、男性に支払っていいただくお約束になっていますが、
交際に入ってからのデート代についてはお二人の価値観にお任せしています。
しかし、デート代を割り勘にしたばかりにお断りされる男性も実に多いのですよ。
女性側にしてみれば、「奢ってもらって当たり前」だとか「お金を出すのが嫌」というのではなく
「私のことに対して真剣ではない、つまり発展は望めない」「頼りがいを感じない」といったことが理由のようです。

男性側としては、ごちそうしないのは「女性も働いているのだから自分が食べた分は支払って当たり前」だとか
「まだ将来どうなるか分からない相手だから割り勘でいい・・」というご意見をお聞きします。

しかし、ここで再認識していただきたいのは、
友達や恋人探しではなく、結婚を目的とした「お見合い」で知り合っているということ!!

女性は結婚相手に「誠実や優しさ」に加えて「頼りがい」「大切にされている感」を求めています。
お金の問題ではなく、ごちそうされるという行為が精神的にも満たされるのです。

そこで男性会員さんにはファーストデート代は自分が負担すると決めてプランを立てることをお勧めします。
なぜ男性ばかりが負担をしなければならないのかという気持ちは捨てて、最初が肝心なのだと意識してください。
数回デートをしてコミュニケーションが取れるようになってからは、どちらがお支払いするのかは臨機応変でも
構わないと思います。

また、女性側も「奢ってもらって当たり前」だとは思わないで、「ごちそう様。ありがとう」の言葉は
必ず伝えるようにして、感謝の気持ちを持ち続けることが大切なのではないでしょうか。