婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2013-11

2013-11

一期一会

LOVE:262 一期一会

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

彼(彼女)からのメールや電話が来なくなってしまった
=自然消滅?

私は、この自然消滅という別れ方には共感できません。

『別れる方法が分からない』
『別れを切り出して話し合うのが面倒』

『自然消滅の方が傷つけないと思うから』・・などと、
それぞれの思いはあるでしょうが、

連絡を待っている方にしてみれば、たくさんの不安と
大きなストレスを抱えてしまいます。

 

終わりにするのでしたら、きちんと会って、
言葉で伝えることが誠意だと思います。

最近、何故か、お見合いシステムでも「自然消滅」の
報告が届いています。

ブライトウェディングが加盟する団体「IBJ」「JBA
「仲人ネットコム」では、交際終了の際には、
仲人(カウンセラー)を通してお相手に終了を伝える
というルールがあります。

「これっていいシステムですね~」と会員のみなさんは
おっしゃるのですが、時折、徐々にメールや
電話の回数を減らす、お相手からの誘いには
「仕事のスケジュールが分からないから」と返事は
打つものの結局断る、というように自然消滅を狙う方が
いるようです。
最もひどいケースではお相手からのメールを受信拒否に
した人もいたとか・・・
これは常識ではとても考えらない非礼です。

星の数ほど男女がいる中で、選ばれた2人がお見合いを
する・・これは奇跡に近いこと。

ですから、一つ一つのご縁を大切にして欲しいのです。

お見合いにおいて、たとえ気に入らないお相手であった
としても誠意を持って接することが大切です。
まして交際に入ったお相手と自然消滅で別れようとする
なんて問題外です。

どのお相手に限らず、きちっとしたマナーで誠実に
接するということは、お相手への礼儀でもあり、
何より自分自身の人格を向上させることになります。
その自覚のもと、お見合いを続ければ、
やがて婚活最後の人(生涯のパートナー)にたどり着く
ことができます。
その逆で、気に入らないからと適当な行為を続けると
婚活のゴールは遠のくばかりです。

『一期一会』・・・その時・その人、一つ一つの出逢いを
大切にすることが、成婚への近道なのです。

男女の距離感

 LOVE:261 男女の距離感

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。


11
月に入り、日に日に寒くなってきましたね。

先日、ストールを買いに行った時の出来事です。

鏡の前でストールをあてて店員さんとお話をしていたら、
お店の前を通りかかった
全く知らない女性が
「それ、ええわ!すごくええわ!似合ってるから
それにしとき!」とおっしゃったのです。

大阪のおばちゃん、ほんまに親切やわ~と思いました。

道に迷った時、道順を尋ねると大阪人はとっても親切に
教えてくれますよね。
なかには目的地まで案内してくれる人もいます。

大阪人は、他の地域の方に比べて人と人との距離感が
特に近いというか、独特の距離感があると思います。

地元の人間にとっては当たり前の人情深いフレンドリーな
気質も、慣れない人にとっては、ただのおせっかいと
感じるかもしれません。

さて、男と女の距離感も微妙に異なります。

男性は好みの女性と出会った場合、短時間で
「この人と付き合いたい!」と思い、女性に答えを
早く求めたりします。

しかし、女性の場合は「付き合いたい」と思うまでに、
男性より時間がかかります。
何度かお会いするうちに少しずつ好きになっていくもの
なのです。

お見合い後、お互いにもう一度会いしたいという気持ちが
一致すると、相談所を通じて電話番号の交換をします。

その後、お2人でデートを重ねていくわけですが
始めの段階では「お付き合い=交際」というよりも
「仮交際」といったニュアンスでしょう。

その段階で男性が急ぎ過ぎると女性はプレッシャー
に感じて、せっかくのご縁が無くなることもあります。

男性は、舞い上がらずに、焦らず落ち着いて行動して
ください。

そして女性は、お相手をチェックし過ぎるとチャンスを
逃してしまいます。

自分と相手が今、どの状態にいるのかを意識して
距離感を縮めていってくださいね。

距離感といえば、
メールや電話のタイミングが違いすぎる、
どのぐらいの頻度でメールをしていいのか分からない
といったご相談もよくお受けします。

まだ、2人は始まったばかりなのでお互いの距離感が
分からないのは当たり前!

正直に、これまでの自分の距離感や、今後の希望を
話し合ってみてください。

男と女は、もともと持って生まれた脳の構造が違うため
距離感も異なります。

距離感は違うけど、理解し合うという思いやりの心が
お互いに見えた時、愛が始まるのではないでしょうか。