婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

理解し合う気持ちを大切に!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

人生経験を重ねていけば誰にでも、できれば秘密にしておきたいようなことが大なり小なり生じてきます。
それを人生のパートナーに打ち明けるべきかどうか・・・難しい問題です。
心の中にしまっておきたいことすべてを話す必要はないと思いますが、
今後の結婚生活にかかわってくるような内容でしたら打ち明ける必然性はあると考えます。
そのタイミングですが、お見合い後、おつきあいが始まってすぐに打ち明ける人もいますし、
人間関係がある程度構築出来てからという人、成婚間近になってから話す人もいます。

 

先日、成婚間近のカップルが残念ながら破談になりました。
理由は、彼女が結婚に関わる重大な事で嘘をついたからです。

ちょっとした言い争いになった時に、売り言葉に買い言葉のような感じでポロっと真相を言ってしまったといいます。
彼はその真実を受け入れられなかったのではなく、嘘をつかれていたという不信感、
本当のことを話してくれなかった失望感、そして今後も嘘をつかれるのでなはいかという不安感から
彼女と離れる決断を下したのでした。

彼女の「本当のことを話して嫌われるのが怖かった。だから言い出せなかった」という気持ちもよく分かります。
でも生涯、心の中にしまっておけないことならタイミングを見て伝えた方が気持ちも楽になれますよね。
それでもし、お相手が受け入れてくれなければ、その人とはご縁が無かったと思い、本当のご縁を求めて、
また歩き始めてはいかがでしょうか。

長い人生の中では、前向きな『割り切りと潔さ』も時には必要かと思います。

人によって考え方・価値観が異なるのですべてを受け入れてもらうこと、
また受け入れることは難しいことかもしれませんが、向き合って交際を進める中で理解し合えることもあります。

常にお相手に誠実に接して、お互いに理解しようという思いが大切なのではないでしょうか・・・。

お互いの距離感は最初に話し合いましょう!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合い後、お互いにもう一度お会いしたいという気持ちが一致すると相談所を通じて電話番号の交換をします。
ファーストコンタクトは男性からお電話を入れるお約束になっていて、
その後メールアドレスやLINEは直接お二人で交換しても構わないことになっています。

しかし最近、このはじめの段階で何故かコミュニケーションがうまく取れないというご相談が増えています。
指定の時間に電話したけどお相手が電話を取ってくれない、
折り返しの電話もない、ショートメールを送ったけど返事が来ない・・・・etc

実際にあったケースですが、彼女が仕事で帰りが遅くなり電話が取れず、
ショートメールで「今夜は遅くなったのでお電話できません」と送ったところ、
お相手は不信感を抱いてしまったということがありました。

彼としては「自分も忙しいところ約束の時間内に連絡を付けないといけないので数回電話した。なのに不誠実!!」と
思ったらしいです。
彼女の言い分としては「夜遅い時間にかけ直してはかえって失礼」という想いだったようです。

どちらの言い分もわかりますが、客観的に観ると彼は少し短気だし、彼女も言葉が少し足りなかったですよね。
結局このお二人はその後すぐに交際終了になりました。

ショートメールですが、最近では格安携帯など利用できない契約や機種もありますので
送ってもしばらく返信が来ない場合はお相手に届いているかどうか相談所の方に確認していただければと思います。

初期の段階ではお互いのコミュニケーションが取れていませんので、
ついついお相手のことをルーズだと勘違いしたり悪い風に考えがちになってしまうようです。

また、メールや電話のタイミングが違いすぎる、どのぐらいの頻度でメールをしていいのか分からないといった
ご相談もよくお受けします。

まだ、2人は始まったばかりなのでお互いの距離感が分からないのは当たり前!
正直に、これまでの自分の距離感や、今後の希望を話し合ってみてくださいね。
はじめが肝心です!!

木を見て森を見ず!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合いをして、お互いに「またもう一度お会いしたい」という気持ちが一致した時に相談所を通じて
お電話番号の交換をします。
その状況を分かりやすく仮交際と呼び、何度かお会いして結婚に向けて前向きに進めていく状況を
真剣交際(本交際)と表現しています。

真剣交際に入れば成婚間近となりますが、仮交際にはなるもののお付き合いが長続きしない、
その繰り返しとなってしまうという人が結構いらっしゃいます。

そうなる人にはいくつかの共通点があります。

男性に多くみられるのがマメでないという点。
昨日までは全く見ず知らずだった2人が、お互いを知っていくにはコミュニケーションをはかることが必須ですが、
仕事が忙しいとか、電話やメールが苦手などという理由で彼女にコンタクトを取らないでいるうちに自然消滅のような
残念な結果になってしまうことがあります。

女性は、はじめの段階でお相手の細かいことをチェックしすぎる傾向にあります。
例えば、デートプランやお店選びが気に入らないとか、私服がダサイ、立ち振る舞いがスマートでない・・・などなど。

また、男女ともに自分の言動に対して、思い描いている言葉やリアクションがお相手から返って来ないという理由で
交際終了を希望する人もいます。
特に女性はお相手に同調してもらうことを求めますが、男性は女友達とは違って自分の考えも理解してもらおうと
しますのでギクシャクした感じになってしまうこともあります。

そこで考えてみてください。
お見合いでお会いするまでは見ず知らずの二人、
育ってきた環境が違うので考え方や物事・食べ物の好き嫌いなどが違って当たり前なのです。

もちろん価値観の近いお相手の方が楽ですが、そう簡単に巡り合えるとも限りません。
違った考え方について「へぇ~こんな捉え方、考え方もあるんだ」と思えることができれば、
お相手を受け入れる許容範囲も広がりますし、自分自身を高めることに繋がります。
お互いの価値観を尊重し、考え方などはこれから二人ですり合わせていけばいいのです。

お見合いや恋愛で大切なことはお相手の欠点を探すのではなく、長所をみつけていこうという姿勢!
細かいことをチェックしすぎるとお相手の本質が見えなくなってしまいます。

『木をみて森を見ず』という言葉がありますね。
小さいことに心を奪われて、全体を 見通さないことのたとえです。

その人の全体像、良いところをみつめたうえで、自分との相性を探っていくことが大切なのです。

1 / 12112345...102030...最後 »