婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

心配性すぎるアラフォー女性へ

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

若いカップルは、好きという気持ちがあれば、
あまりあれこれ考えずに結婚を決める勢いがあるのですが、
年齢を重ねるにつれて特に女性は先のことを考えすぎて慎重になる傾向にあるようです。

アラフォー女性にとって、お相手の条件で学歴や身長以上に気になるのは、
家族構成と預金額(資産)のようです。

アラフォー女性の対象になるのは40代、50代の男性ですので親御さんの年齢も当然高くなります。
自分が、夫となる人の親の介護をすることになるのか心配となり、兄弟のいない人や長男を外す、
すでに親御さんが施設に入所している人や入所予定の人を選ぶという人がいます。

また、お相手が40代後半、50代の場合は、定年が近づいていますので、
預金額や資産が気になるようです。

実際にあった話ですが、弊社の50代高年収の男性がお見合い時にいきなり
「資産はどのぐらいありますか?」と聞かれたそうです。

また、シングルファザーの会社経営の男性がお見合い時に預金額を聞かれた後に
「もし、結婚してあなたが死んだらお子さんは誰が面倒を見るのですか?」と聞かれて
絶句したという報告がありました。

確かに失礼な質問ですよね。
特に人の生死にかかわるようなデリケートな発言は避けるべきです。
ただ、彼女たちに悪気は無かったと思います。
心配性すぎるために先々のことを考えすぎたのでしょう。

アラフォー女性の結婚が難しいといわれているのは、
彼女たちの心配性すぎる考え方がお相手探しの範囲を狭めているというのも理由のひとつです。

リスクを少なくしたいというお気持ちもわかりますし、人生の計画を立てることは大切ではありますが、
それ以前にお相手のお人柄を見つめ、自分との相性を確かめることが大切。

年齢問わず、何が起こるか分からないのが人生です。
「病は気から」ということわざがあるように、
心配性が過ぎると結果的に懸念している事柄を自ら引き寄せてしまいます。

有事の際には、パートナーと力を合わせて乗り越えていくという柔軟さと気概が必要ではないでしょうか。
親御さんのことはお互いの課題でもありますので、
愛情をもって、それぞれの最善の道を探していくといいですよね。

石橋を叩きすぎては結婚なんてできません。

お互いに誠実に向き合うことができれば、何事もなんとかなる!
そのような楽天的で大らかな気持ちを持つことも大切なのです。

お見合いでの会話について

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

スイーツブームが少し落ち着き、食パンやコッペパンのブームが続いていますね。
人気店のパンが一堂に集結する阪神百貨店1階の『パンワールド』はいつも多くの人で賑わっています。

そんなパンブームの中、高級食パンの専門店『銀座に志かわ』の2号店が先月、大阪:本町にオープンしました。
ブライトウェディングのサロンから歩いて5分程なんですよ。

オープン当初はすごい行列でしたので諦めたのですが
「もうオープンから1か月近く経つのですんなり買えるかな?」と思い、昨日お店へ行ってみました。
営業が10時からですので10時過ぎに行きましたらすでに焼き上がりは完売で、整理券をもらって後程、
焼き立てのパンを購入することができました。

『絹のようにしっとりした耳、淡雪のようなくちどけのほんのり甘い食パンです』というお店の説明通り、
とても美味で、これまで食べてきた食パンとは少し次元の違うような豊かな風味を感じ、お腹も心も幸せになりました。

 

ところで、お見合いの席で「どのような会話をしたらいいのですか?」という質問・ご相談を良くお受けします。
お見合いでお話する時間はだいたい60分~90分ぐらいで、お互いの勤務先、
メールアドレス、電話番号を交換することはNG、
あまりプライバシーに踏み込むようなことをお聞きするのもNGとなっています。

「じゃあ、60分も話すことないですよね、何を話したらいいの~??」というのが皆さんのお悩みです。

会社名を明かしてはいけませんが、どんな仕事をしているのか(例えば営業とか製造業とか)
ざっくりした説明は必要ですよね。
あとはお相手のプロフィールを読み込んで、趣味の話などをします。

また、先ほどのパンの話題のような、たわいのない世間話で会話を展開するのもリラックスできるのでいいですね。
そのためには情報誌やネットなどで様々な分野の情報を得る、できれば実際に自分が出かけてみて体感する、
試してみるということをお勧めします。
そうして話の引き出しを増やしていくのです。

お見合いでは、何気ない会話のキャッチボールによって、お相手の感性や興味のあることを知り、
フィーリングが合うかどうかを確かめてください。

もう少し深いお話は仮交際に入って、次回お会いする時で大丈夫。
お会いする回数を重ねていくにつれて、さらに深い話をして理解しあえるように努めてください。

 

『情報をキャッチし、話の引き出しを増やす』ことによって、
お見合いが怖い、緊張するという憂鬱から解放されると思います。

また、色々なことを知り、体感することによって人としての魅力がアップします。
自分を高める努力をできることから始めて、お見合いに臨みましょう。

お相手を知ろうという気持ちが大切!

こんにちは

「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

2月14日はバレンタインデーですね。

お見合いの立ち会い後にデパートに立ち寄ったところ、
売り場はチョコレートを買い求める女性達で賑わっていました。
今週末がピークではないでしょうか。

最近は、好きな彼に贈る本命チョコだけではなく、
職場でお世話になっている人に贈るお仕事チョコ(男性に限らず女性にも)
友達にあげる友チョコ、いつも頑張っている自分にプレゼントする自分チョコなど
楽しみ方が広がっていますね。

先日、女性会員のA子さんからフランス旅行のお土産としてチョコレートを頂きました。
さすが本場のチョコレート!口に入れると同時に舌の上でとろける生チョコは、
これまで味わったことのない美味しさでした。

このA子さんは現在、素敵な彼と真剣交際に入っていますが、とにかく人の気持ちを察することに長けているのです。
今回のお土産もそうですが、お相手に応じて、その人が喜んでくれるようなプレゼントを用意したり、
お相手がホッとできるような言葉をかけたり、行動ができる女性なのです。

 

『交際に入っても長続きしないと』いう悩みをよくお聞きしますが、その理由のひとつとして、
お相手と思いがチグハグになってしまっているということが挙げられます。

実際にあったケースですが、クリスマスデートで煌びやかなクリスマスツリーを見せたいと思った彼は
人気のスポットに彼女を連れていきます。
しかし、彼女の内心は「気持ちは嬉しいけど、なんで、なんで私は寒いのが苦手なのに、
どうしてこんな寒いところに誘うの?なんでそんな私の気持ちが分からないの!!」と思ったそうです。

結局そのあと、このカップルは話し合うこともなく交際終了になってしまいました。

これって、皆さんはどう思われますか?
どちらが悪いというわけではなく、意思の疎通が全くできていませんよね。

そこで大事なのがお相手を知ろうとすることです。
お相手の言動から求めていることや感覚を掴んでいき、分からないことは話し合って、
お互いを理解するように努めましょう。

その積み重ねによって二人の呼吸が合っていくのです。
独りよがりでは、いつまでたっても二人の歩幅はチグハグのままですよね。

A子さんが人の気持ちを察することに長けているのは、お相手を理解しようという優しさに溢れているからだと思います。

 

バレンタインデー♡
交際に入っているカップルはお二人らしいひと時を。
これからお相手をみつけよう!と頑張っている貴方も
自分をいっぱい褒めてあげましょう。

良い思い出になるようなバレンタインデーをお過ごしくださいね。

1 / 13012345...102030...最後 »