婚活応援ブログ|婚活なら大阪「ブライトウェディング」

お問い合わせ
ブログ

HOME > ブログ

婚活応援ブログ

木を見て森を見ず!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

お見合いをして、お互いに「またもう一度お会いしたい」という気持ちが一致した時に相談所を通じて
お電話番号の交換をします。
その状況を分かりやすく仮交際と呼び、何度かお会いして結婚に向けて前向きに進めていく状況を
真剣交際(本交際)と表現しています。

真剣交際に入れば成婚間近となりますが、仮交際にはなるもののお付き合いが長続きしない、
その繰り返しとなってしまうという人が結構いらっしゃいます。

そうなる人にはいくつかの共通点があります。

男性に多くみられるのがマメでないという点。
昨日までは全く見ず知らずだった2人が、お互いを知っていくにはコミュニケーションをはかることが必須ですが、
仕事が忙しいとか、電話やメールが苦手などという理由で彼女にコンタクトを取らないでいるうちに自然消滅のような
残念な結果になってしまうことがあります。

女性は、はじめの段階でお相手の細かいことをチェックしすぎる傾向にあります。
例えば、デートプランやお店選びが気に入らないとか、私服がダサイ、立ち振る舞いがスマートでない・・・などなど。

また、男女ともに自分の言動に対して、思い描いている言葉やリアクションがお相手から返って来ないという理由で
交際終了を希望する人もいます。
特に女性はお相手に同調してもらうことを求めますが、男性は女友達とは違って自分の考えも理解してもらおうと
しますのでギクシャクした感じになってしまうこともあります。

そこで考えてみてください。
お見合いでお会いするまでは見ず知らずの二人、
育ってきた環境が違うので考え方や物事・食べ物の好き嫌いなどが違って当たり前なのです。

もちろん価値観の近いお相手の方が楽ですが、そう簡単に巡り合えるとも限りません。
違った考え方について「へぇ~こんな捉え方、考え方もあるんだ」と思えることができれば、
お相手を受け入れる許容範囲も広がりますし、自分自身を高めることに繋がります。
お互いの価値観を尊重し、考え方などはこれから二人ですり合わせていけばいいのです。

お見合いや恋愛で大切なことはお相手の欠点を探すのではなく、長所をみつけていこうという姿勢!
細かいことをチェックしすぎるとお相手の本質が見えなくなってしまいます。

『木をみて森を見ず』という言葉がありますね。
小さいことに心を奪われて、全体を 見通さないことのたとえです。

その人の全体像、良いところをみつめたうえで、自分との相性を探っていくことが大切なのです。

愛メッセージは魔法の言葉!

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

皆さんは『アサーション』という言葉をご存知でしょうか?

アサーションはコミュニケーション・スキルの一つであり、
1950年代にアメリカで行動療法と呼ばれる心理療法の中から生まれました。
簡単に説明しますと、自分の感じていることや考えていることなどを、
自分も相手も大切にしながら率直に伝えていく方法です。

婚活において、お相手との関係がうまくいかないことで疲れてしまったり、
自分を責めてしまうことはありませんか?
コミュニケーション能力の高い人ほど早く結婚が決まるといっても過言ではありません。

では、具体的にどのようにお相手とコミュニケーションをとればいいのでしょうか。
それは、「私」を主語にした表現方法を心がけましょう。
「私」を主語にした表現方法のことを「I(アイ)メッセージ」と呼びます。
反対に心理学では相手に向けられる言いかたを「YOU(ユー)メッセージ」と呼びます。

「Iメッセージ」は、相手に対して非難がましくなく素直な心情を伝える方法です。
逆に「YOUメッセージ」には、相手の行為や出来事を責めるニュアンスが感じられます。

例えばデートの日、彼が遅刻してきたとします。

その時、あなたは「遅いわね!いったい何してたのよ!」という言葉をぶつけていませんか?
これでは、お相手が謝ったとしても気まずい雰囲気になります。
彼も興奮して「うるさい。もう帰るわ!」という言葉がかえってくるかもしれませんね。

そこで、この「YOUメッセージ」を「Iメッセージ」に置き換えてみると
「連絡もないし、ずっと心配していたのよ。早く会いたかったし・・・」となります。
そうすれば、お相手も素直に「ごめんね、これから気を付けるね」と言ってくれるのではないでしょうか。

このように言うと、相手を傷つけずに自分の伝えたいことが言えますよね。

相手を責めたり、とがめたりするとお相手はかたくなに抵抗するか、心の中で恨んだりします。
特に男女の間では、気持ちが離れていってしまいますよね。
正しい自己主張とは、相手の行動を良いとか悪いとかの評価を下さずに、
思いやりの気持ちを込めて自分の思いを表現をすることなのです。
人間関係が上手くいかない人の多くが、
感情のおもむくままに言葉を発する「YOUメッセージ」を多用しているようですので、
いまいちど自分の中で確認してみてください。

また、相手に話を聞いてもらった後や、日常、当たり前のようなことをしてもらった時にも
「ありがとう」と感謝のIメッセージをかけてください。

「感謝」することは相手を「肯定」すること。
つまりIメッセージとは、「愛メッセージ」でもあり、人間関係を円滑にする魔法の表現法なのです。

暑い日のお見合いの服装について

こんにちは
「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。

まだ5月だというのに今日、大阪市内の最高気温は30度近くになりましたね。

お見合いでは、男性はジャケット・ネクタイを着用、女性はTOPに合わせた服装が望ましいとされていますが、
暑くなる6月から9月終わりごろまではクールビズでも大丈夫です。

お見合いにおける男性のクールビズとは、ノーネクタイはOK!でもジャケットの用意はしてくださいね。
自己紹介のご挨拶はジャケットを着用し、その後は脱いでいただいても構いません。

しかし、このクールビズ・・一歩間違えるとダサイ雰囲気になってしまうので要注意です。
普通のシャツでネクタイを外すと、だらしない雰囲気になってしまいますので、シャツを選ぶ際は、
数年前から人気の白い襟のついたクレリックシャツやボタンダウンシャツなどしっかりした襟のシャツがいいですね。
色は白よりもカラーシャツや、ストライプや織柄の入ったシャツがお勧めです。
さらに気を付けたいのは、ボタンを外した胸元から下着が見えないようにVネックの下着を着用してみては
いかがでしょう。

 

女性の場合は、TOPに応じた服装というのも漠然としていますが、ノースリーブや極端なミニスカートなど
肌を露出しすぎるものはお見合いにふさわしくはありません。
海に出かけるようなチュニックにレギンス、生足にミュールもカジュアルな印象を与えますのでお気を付けください。
爽やかな色・素材のワンピースにパンプスなどが夏には好印象です。

それから、ホテル館内の喫茶店は冷房がかなり効いていますので、上に羽織るカーディガンやスカーフを1枚
用意されると安心です。
あまりにも体が冷えてしまってお相手のお話に集中できず退席してしまったという実例がありました。

 

お見合いでは、ラフやカジュアルすぎる服装ではなく、「清潔感」「爽やか」な印象を大切にするように心掛けましょう。

1 / 12012345...102030...最後 »